PACHINKO
パチンコ機種

CR華牌II「ミスター麻雀」小島武夫の戦略

メーカー:
奥村遊機
導入日:
2010/04/05

CR華牌II「ミスター麻雀」小島武夫の戦略

CR華牌II「ミスター麻雀」小島武夫の戦略
スペック
大当り確率1/293→1/29.3
確変突入率100%
※但し、転落抽選あり
賞球数3 & 15
ラウンド数1※下アタッカー
4R or 8R or 12R or 16R / 6C

※右アタッカー
4R or 8R or 12R or 16R / 9C
平均出玉※下アタッカー
4R:約288個
8R:約576個
12R:約864個
16R:約1152個

※右アタッカー
4R:約480個
8R:約960個
12R:約1440個
16R:約1920個
翔タイム大当たり終了後
「全ての大当り」終了後100回転
ラウンド数一翻〜三翻:4R
満貫・跳満:8R
倍満・三倍満:12R
役満:16R

奥村遊機より、『CR華牌II「ミスター麻雀」小島武夫の戦略』登場。
本機種は「ミスター麻雀」小島武夫プロ監修のもと、本物の打ち筋が完全再現されている。7つの先読み機能が搭載されており、配牌・ツモの流れはリアル麻雀さながら。その他にも麻雀ならではの多彩な演出が用意されており、対極をさらに盛り上げる。
和了役で出玉が変化するシステムとなっており、見事役満で大当りすれば16ラウンドとなる。大当り終了後は、右打ち高速消化の「翔タイム(時短)」へと突入。電チュー入賞時はプレイヤーが親番となり、大当りでの出玉が1.5倍となる仕様だ。役満を引き当てられれば2000個オーバーの出玉を獲得することができるので、麻雀と同じようにより良い役で和了ろうという興奮のゲームを楽しめるようになっている。

攻略情報など

ボーダー
ボーダー
交換率
4.0円18.46回
3.5円19.25回
3.0円20.31回
2.5円21.78回
確率&振り分け
スペック
項目数値
通常時1/293.1
確変中1/29.3
転落率約1/54.3


赤 16R確変
橙 12R確変
緑 8R確変
黄 4R確変

大当り終了後は必ず翔タイムと呼ばれる確変に突入する。
ただし、翔タイム中は大当り抽選とは別に、転落抽選も行っている。

初打ちチェックポイント

大当り終了後には必ず確変に突入するが、電サポ中は毎回転ごとに確変継続抽選がされており、これに漏れてしまうと内部は通常状態へと転落。

また、通常時からは潜伏することは無い。
ただし電サポ終了後にも転落していない場合は、潜伏しているので電サポ終了後も念のために少しまわす事をオススメする。

またアガり役によって、獲得出玉が変化する特徴を持つ。
アタッカーが盤面下部と右側についていて、右側のアタッカーなら1.5倍の獲得出玉を得られる。

翔タイム

翔タイムの簡単な流れを説明。
本モード中は右打ちで消化。外見上は確変にも見えるが、内部では転落抽選を行っている。

電サポ継続回数はタイプによって異なる。

[FK]電サポ100回転[MK][PK]電サポ32回〜100回転

[FK]タイプのみ翔タイム中に大当りを引き当てれば右アタッカー消化となるので、出玉が1.5倍にアップ。

転落抽選に当選してしまった時点で、確変状態は終了となる。
逆に転落抽選をパスした状態で電サポが終了した場合は潜伏確定。

アガリ役別出玉獲得(FK)

FKタイプのアガリ役別獲得出玉は、以下の通りとなっている。またアタッカーによりカウント数が異なるので注目しておこう!

◆役別獲得出玉
 【1〜3飜(4R)】
下アタッカー 約288個
右アタッカー 約480個

【満貫or跳満(8R)】
下アタッカー 約576個
右アタッカー 約960個

【倍満or3倍満(12R)】
下アタッカー 約864個
右アタッカー 約1440個

【役満(16R)】
下アタッカー 約1152個
右アタッカー 約1920個

関連リンク

新着パチンコ機種

五十音順検索

お知らせ

ホルコンに疑似的電気信号を発信して爆発台へと導く究極打法

今やパチンコ・パチスロは完全にホルコンの出玉制御の時代。当然、一般攻略法が通用しづらい。なぜならばホルコン内の主制御部で出玉のロックシステムが作動するからだ。そんな状況を打破する究極の攻略法がベールを脱ぐ…

ホール選び、台選びをもう間違わない!あたり探知機

あたり探知機は、出玉の傾向・推移、イベントなどの信頼性、パチスロの設定ごとの特徴、ホールコンピューターの設定のクセ等といった、『パチンコ店の設定』を見抜いて、これからの爆発台を見つける事が出来ます。