PACHINKO
パチンコ機種

CRAビッグシューターゼロ

メーカー:
アムテックス
導入日:
2014/09/08

CRAビッグシューターゼロ

CRAビッグシューターゼロ
スペック
賞球数5 & 10 & 15
ラウンド数上大入賞口:最大9R(85%)
下大入賞口:9R(15%)
※初回羽根開放が1R目となります。
役物開放秒数1回開放:0.472秒×1回
2回開放:0.472秒×2回
カウント大当たり終了後
10個
大当り出玉上大入賞口:800個(9R時)
※賞球数10個

下大入賞口:1200個
※賞球数15個

※初回羽根開放が1R目となります。また、初回ラウンドの出玉は除きます。
※表記の出玉数は設計値です。

「CRAビッグシューターゼロ」は羽根モノの王道タイプながら、2種類の大当りを搭載。
上アタッカー開放時は、自力継続タイプで、下アタッカー開放時はラウンド固定となっている。
2つのゲーム性を兼ね備えたハイブリッド羽根物と言えよう。

攻略情報

遊び方

鳴きに入賞すると羽根が開放。羽根に玉を入れVに入賞できれば大当り。

V入賞後のアタッカー開放パターンが見どころで、上アタッカーと下アタッカーで開放パターンが異なる。

【上アタッカー】
・自力継続タイプ
・賞球数10個、カウント10個
・ラウンド中にV入賞すればラウンド継続
※1Rの終了条件10個入賞or羽根18回開放

【下アタッカー】
・9R固定タイプ
・賞球数15個、カウント10個

なお、上アタッカーは羽根開放6回まで役モノ内のストッパーが作動し、入賞球の一部が貯留される仕組みだ。

関連リンク

新着パチンコ機種

五十音順検索

お知らせ

ホルコンに疑似的電気信号を発信して爆発台へと導く究極打法

今やパチンコ・パチスロは完全にホルコンの出玉制御の時代。当然、一般攻略法が通用しづらい。なぜならばホルコン内の主制御部で出玉のロックシステムが作動するからだ。そんな状況を打破する究極の攻略法がベールを脱ぐ…

ホール選び、台選びをもう間違わない!あたり探知機

あたり探知機は、出玉の傾向・推移、イベントなどの信頼性、パチスロの設定ごとの特徴、ホールコンピューターの設定のクセ等といった、『パチンコ店の設定』を見抜いて、これからの爆発台を見つける事が出来ます。