PACHINKO
パチンコ機種

CR花鳥風月

メーカー:
NISHIJIN
導入日:
2010/11/15

CR花鳥風月

CR花鳥風月
スペック
大当り確率1/368.2→1/37.7
確変突入率100%
※大当り終了後60回転
賞球数3 & 10 & 15
ラウンド数8R or 16R / 10C
時短回数4回転または60回転

魂の三番昇舞・壱ノ舞として新しく生まれ変わった「CR花鳥風月」が再びホールに登場する。
出玉の鍵を握るのが、右打ちST(型式によって規定回数に違いあり)『電城威怒(デジロイド)ゾーン』。本ゾーン中は右打ち高速消化&7セグによる大当り抽選が行われ、スピーディーな展開に期待出来る。
電城威怒ゾーンには、7図柄で大当り終了後や、大当りラウンドのエンディング時に7セグ役物が落下することで突入。
ラウンド昇格が無かった場合は、終了後に突入する右打ちST『電城威怒(デジロイド)チャンス』に期待しよう。本チャンス内で大当りを引き当てれば見事、電城威怒ゾーン突入となる。
例え『電城威怒(デジロイド)チャンス』を抜けてしまっても、まだまだSTのチャンスあり!『賢魔(ケンマ)ゾーン』と呼ばれる電サポ無しのST状態へ突入!?
出玉も連チャンも満足出来る新生「CR花鳥風月」。当時のオールドファンも、初めて触れるプレイヤーも思う存分堪能できる仕上がりとなっている。

攻略情報など

ボーダー
ボーダー
交換率
4.0円17.80回
3.5円18.56回
3.0円19.58回
2.5円21.00回
大当りを引ける割合
大当りを引ける割合
回転数割合
100回約23.81%
200回約41.95%
300回約55.78%
400回約66.31%
500回約74.33%
600回約80.44%
700回約85.10%
800回約88.65%
900回約91.35%
1000回約93.41%

1000回転までには、何かしら大当りを引ける計算。
ただし、過信は禁物。ハマる場合は大きくハマるので、あまり回らないような台で過剰な投資は控えるように。

確率&振り分け
スペック
項目数値
通常時1/368.18
ST中1/37.79
ST回数60回転

赤 16R確変
橙 8R確変
緑 実質4R確変

またヘソ入賞時には細かい振り分けがあり、8Rと4RにはSTが潜伏となる振り分けと、完全開放となる振り分けが存在。

◆ヘソ入賞時
【8R確変】
・ST60回 2.49%・ST 4回 44.76%(56回潜伏)
【実質4R確変】
・ST60回 4.98%
・ST 4回 29.86%
(56回潜伏)

なお電サポ中に大当りを射止める事が出来れば、電サポありのST60回に突入する事となる。

ゲームフロー

通常時に大当りを射止めた場合は、基本的にST4回転の電城威怒チャンスに突入。ココで大当りを射止める事が出来れば、電サポが全規定回数(型式により変化)開閉する電城威怒ゾーンに移行する。

緑部分のST4回転で大当りを射止められなかった場合は、残り回転数は潜伏確変(STの為、規定回数で通常転落)となるので、規定回数分までまわすようにしよう。

また16R以外でも諦めることなかれ。ラウンド中に7セグ役物が落下しても、電城威怒ゾーン突入が濃厚となる。

なお、ST4回転中は前作の激アツ4回転を彷彿とさせる程のアツさを誇る。

関連リンク

新着パチンコ機種

五十音順検索

お知らせ

ホルコンに疑似的電気信号を発信して爆発台へと導く究極打法

今やパチンコ・パチスロは完全にホルコンの出玉制御の時代。当然、一般攻略法が通用しづらい。なぜならばホルコン内の主制御部で出玉のロックシステムが作動するからだ。そんな状況を打破する究極の攻略法がベールを脱ぐ…

ホール選び、台選びをもう間違わない!あたり探知機

あたり探知機は、出玉の傾向・推移、イベントなどの信頼性、パチスロの設定ごとの特徴、ホールコンピューターの設定のクセ等といった、『パチンコ店の設定』を見抜いて、これからの爆発台を見つける事が出来ます。