PACHINKO
パチンコ機種

CR新海物語M57

メーカー:
導入日:
2003/11/01

CR新海物語M57

■確変図柄
新海物語

■通常図柄
新海物語

[タイプ]確率変動デジパチ
[継続 回数]15R9カウント
[賞球数]4&15
[大当り確率]1/315.5 高確率時1/63.1
[時短]確変終了後100回
[連チャン]確変
[連チャン率]1/2

本作は時短機能を搭載した作品である。前作の「波紋リーチ」が「黒潮リーチ」に変更され、本作から「赤魚群」や「枠外プレミアム」が追加された。マリンちゃん、サム、魚群が3D化されたが、泡や図柄キャラクターは2D画のままとなっている。

本作品は『海物語』の後継機として発売された。最初に登場したのが『CR新海物語M27』である。この機種は高確率状態での通常大当たり終了後に100回転の時短が付くという、いわゆる「ハーフスペック機」であり、前機種『海物語』の人気を引き継ぎ大ヒットとなった。この台の影響により、他社からもハーフスペック仕様の台が続々販売され、しばらくの間ハーフスペック主流の時代を迎える事となる。その後、2003年6月に『CR新海物語M56』が発表された。この機種は全ての大当たり終了後に100回転の時短が付く「フルスペック機」である。この機種の登場により、今度はフルスペック主流の時代となった。その後、2004年5月には盤面デザイン等を変更した『Zシリーズ』が、同年9月には液晶画面を拡大した『CR新海物語スペシャル』シリーズが発表された。

攻略情報など

関連リンク

新着パチンコ機種

五十音順検索

お知らせ

ホルコンに疑似的電気信号を発信して爆発台へと導く究極打法

今やパチンコ・パチスロは完全にホルコンの出玉制御の時代。当然、一般攻略法が通用しづらい。なぜならばホルコン内の主制御部で出玉のロックシステムが作動するからだ。そんな状況を打破する究極の攻略法がベールを脱ぐ…

ホール選び、台選びをもう間違わない!あたり探知機

あたり探知機は、出玉の傾向・推移、イベントなどの信頼性、パチスロの設定ごとの特徴、ホールコンピューターの設定のクセ等といった、『パチンコ店の設定』を見抜いて、これからの爆発台を見つける事が出来ます。