SPECIAL
ATARI特集

パチスロ獣王 王者の覚醒 攻略

機種名:
パチスロ獣王 王者の覚醒
パチスロ獣王 王者の覚醒 攻略

あのパチスロの名機獣王が4月にホールに復活します。
パチスロ獣王王者の覚醒の主な攻略要素は、前作と比べてサバンナチャンス突入率が大幅にアップしました。サミーは今作のパチスロ獣王王者の覚醒の仕上がりに絶対の自信を持っています。
 パチスロ獣王王者の覚醒では、体感しやすくなったサバンナチャンスの上乗せ特化ゾーンや、引き戻しシステムの強化などゲーム性は大幅に進化させ、攻略しがいのある要素を沢山取り入れています。また、大型液晶で繰り広げられる迫力満載の演出や、懐かしくも新しい動物達が織りなすコミカルでファジーな世界観もパチスロ獣王王者の覚醒の遊戯を盛り上げてくれます。
パチスロ獣王王者の覚醒はボーナス+ARTタイプで、パチスロ獣王王者の覚醒のART「サバンナチャンス」は純増約1.4枚/G、そしえ初回セット50G以上という性能となっています。このサバンナチャンスの突入契機は、ボーナス中の抽選やチャンスゾーン「獣王モード」中の抽選ほか、通常時からの直撃パターンを契機に突入します。

パチスロ獣王 王者の覚醒

パチスロ獣王王者の覚醒のARの初当り時は、まず初期ゲーム数と継続時のゲーム数決定ゾーン「サバンナチャレンジ」に突入。ここで得たゲーム数を持ってARTがスタートする仕組みとなっています。そして消化中は、ゲーム数の直乗せ・ボーナス・獣玉のトリプル抽選を行うので、パチスロ獣王王者の覚醒を攻略するための注目ポイントとなります。

そのなかでもベルの連続や成立役に応じて獲得抽選を行う「獣玉」が、パチスロ獣王王者の覚醒を攻略する上で重要となり。獲得した獣玉の数+α分、引き戻しゾーン「ラストアタック」でチャンスとなるだけでなく、獣玉5つ獲得でゲーム数上乗せ特化ゾーン「ビーストアタック」に突入します。
パチスロ獣王王者の覚醒は、ダチョウ・ゴリラ・ライオンの獣ごとに特色のあるアタックは、覚醒すると上乗せ性能が大幅にアップするほかに、すべての獣達が覚醒する究極特化ゾーン「覚醒ラッシュ」も搭載していますゲーム数直乗せやボーナスに加えて、
これらの特化ゾーンを絡めながら出玉を増やしていくゲーム性となっているのがパチスロ獣王王者の覚醒の特徴です。

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 天井情報

天井情報
天井999G
恩恵ART当選

パチスロ獣王王者の覚醒 朝一リセット攻略

パチスロ獣王王者の覚醒の朝イチ設定変更・リセット時の解析攻略は以下の通りです。

恩恵について

パチスロ獣王王者の覚醒のリセット時の天井G数に関しては、

・299G
・599G
・999G

上記のいずれかが選択されるのでパチスロ獣王王者の覚醒を攻略する上で必見です。
また、パチスロ獣王王者の覚醒のリセット時の約25%でREG当選時にART確定+獣玉8個の恩恵ありますのでパチスロ獣王王者の覚醒を攻略するために覚えて下さい。

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 スペック

導入機種情報
導入日2017年4月17日
導入台数約15,000台
メーカーサミー
タイプART
純増1.4枚/G
(ボーナス込1.9枚)
コイン持ち約30G
天井999G
設定BIGREGボーナス
合算
出率
11/4201/6551/58898.0%
21/4201/6431/57598.8%
31/4201/6301/520101.0%
41/4101/6071/457105.4%
51/4071/5961/385109.6%
61/3951/5041/331116.0%

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 打ち方・リール配列

パチスロ獣王王者の覚醒 通常時の打ち方(順押し)

【基本DDT】
左リール枠上〜上段に2連赤7を狙う

パチスロ獣王王者の覚醒 通常時の打ち方(中押し)

【基本DDT】
中リール枠上〜上段に2連赤7を狙う

【レア役停止型】

パチスロ獣王 王者の覚醒 攻略 通常時概要

パチスロ獣王王者の覚醒 通常時ステージ

通常時ステージ
期待度ステージ
前兆王者の領域
荒野
超高確
高確夕方
-

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 CZ「ビーストバトル」

BEAST BATTLE
契機-
継続G数15G間
期待度約40%

パチスロ獣王王者の覚醒は勝利期待度を蓄積して勝利を目指す自力チャンスゾーン。
完全勝利時(初期勝利期待度100%)はART初期G数100G以上。

パチスロ獣王王者の覚醒 敵キャラ別期待度

敵キャラ初期勝利期待度
VSボスハゲワシ0%
VSマンドリル25%
VSクロヒョウ50%

パチスロ獣王王者の覚醒 小役別期待度

期待度小役
ボーナス
強チャンス目
強チェリー
チャンス目
弱チェリー
リプレイ
ベル

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 CZ「獣王モード」

獣王モード
契機-
継続G数20G間
期待度約50%

パチスロ獣王王者の覚醒の獣王モード」はリアルリールで初代獣王を完全再現したCZです。

消化中はモードを上げてART当選を目指し、中押しチャンス発生時はモードアップのチャンスとなりますのでここに攻略要素が含まれていいます。

また、獣王モード中はチャンス目確率が約1/10にアップします。

パチスロ獣王王者の覚醒 モード別期待度

期待度獣王モード
獣王モード虹
獣王モード赤
獣王モード黄
獣王モード青
獣王モード白

パチスロ獣王王者の覚醒 小役別期待度

期待度小役
ボーナス
強チャンス目
強チェリー
チャンス目
弱チェリー
ベル
リプレイ

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 ビッグボーナス

BIG BONUS
契機赤7揃い
赤7/赤7/象
ダチョウ揃い
象/象/赤7
獲得枚数204枚
期待度
(獣王モード以上)
約50%

パチスロ獣王王者の覚醒のBIG中は通常時・ART経由のいずれかで抽選内容が異なりますのでパチスロ獣王王者の覚醒を攻略する上で覚えておいて損はないです。

パチスロ獣王王者の覚醒 通常時BIG

獲得した肉の個数に応じてCZ・ART抽選が行われます。
BIG入賞時にサバンナランプ点灯でART突入が確定します。

消化中は扉出現でチャンスとなり、3択正解で肉をゲットします。
※肉は複数個GETの可能性がありません。

最終的に肉を10個ゲットできればART突入となります。

パチスロ獣王王者の覚醒 ART中BIG

パチスロ獣王王者の覚醒のART中に成立したBIG消化中は獣玉獲得抽選が行われます。

扉出現でチャンスとなり、3択正解で獣玉をゲットします。

パチスロ獣王王者の覚醒 肉ルーレット

最終2G間でCZ・ARTの当否をジャッジする演出します。
以下の演出パターンは、チャンスアップ演出になります。

・背景色変化
・カバ目が回る
・PUSH煽り

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 レギュラーボーナス

REG BONUS
契機赤7/赤7/ダチョウ
象/象/ダチョウ
獲得枚数48枚

パチスロ獣王王者の覚醒のREG中は通常時・ART経由のいずれかで抽選内容が異なります。

パチスロ獣王王者の覚醒 通常時REG

消化中はキャラ紹介画面の背景色でCZ・ART期待度を示唆します。

期待度背景色
赤(ライオン)
緑(リス)
青(カバ)

※上記以外の背景も存在

また、パチスロ獣王王者の覚醒には「REG連」の概念が存在し、REGが連続するほどART突入率がアップするのでここでもパチスロ獣王王者の覚醒の攻略が含まれます。

パチスロ獣王王者の覚醒 ART中REG

消化中は毎Gで獣玉獲得のチャンスとなり、3択の押し順当て正解で獣玉をゲットします。

また、パチスロ獣王王者の覚醒のART中REGにも「REG連」の概念が存在し、REGが連続するほど押し順ナビ発生率がアップする模様です。

パチスロ獣王王者の覚醒 象ボーナス

象ボーナス
契機象揃い
獲得枚数18枚

パチスロ獣王王者の覚醒の「象ボーナス」は象揃いを高確率で抽選するプレミアムボーナスです。
突入時点でART100G以上+獣玉複数個獲得となるのでパチスロ獣王王者の覚醒を攻略するために絶対に揃えたいです。
消化中は9枚役が3回揃うまで高確率で象図柄を抽選します。
象図柄揃い出現で10〜100Gの上乗せが発生します。

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 ART「サバンナチャンス」

サバンナチャンス
タイプメインART
純増1.4枚/G
(ボナ込1.9枚)
継続G数最低50G以上
期待値750枚OVER

パチスロ獣王王者の覚醒サバンナチャンスの初期G数は「サバンナチャレンジ」で決定します。

パチスロ獣王王者の覚醒のサバンナチャンス消化中の抽選に関しては、

・直乗せ(全て3桁)
・ボーナス
・獣玉

上記のトリプル抽選方式となりますので、パチスロ獣王王者の覚醒する上で重要な要素となります。
パチスロ獣王王者の覚醒は、基本的に獣玉を集めてビーストアタック(特化ゾーン)を目指すゲーム性となります。
また、ビーストアタックは獣玉5個獲得で突入となります。

パチスロ獣王王者の覚醒 ステージ期待度

期待度ステージ
ライオン神ステージ
溶岩ステージ
夕陽ステージ

パチスロ獣王王者の覚醒 獣玉上乗せ期待度

期待度小役
強チャンス目
強チェリー
チャンス目
ベル3連以上
弱チェリー
ベル2連
ベル
リプレイ

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 サバンナチャレンジ

サバンナチャレンジ
タイプ初期G数決定ゾーン
(継続時G数決定ゾーン)

パチスロ獣王王者の覚醒のサバンナチャレンジ初回突入時は最低50G以上の上乗せが確定となります。
また、初期G数が100G以上スタートや獣玉大量ストックの可能性もあるので、ここにパチスロ獣王王者の覚醒の攻略の秘密が隠されています。

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 ラストアタック

ラストアタック
タイプ引き戻しゾーン
引き戻し期待度約40%

パチスロ獣王王者の覚醒のラストアタックはART継続を賭けたバトル演出です。
残った獣玉が多いほど継続のチャンスとなります。

パチスロ獣王王者の覚醒 攻略 ビーストアタック

BEAST ATTACK
タイプG数上乗せ特化ゾーン
契機獣玉5個獲得

パチスロ獣王王者の覚醒の「ビーストアタック」はゲーム数上乗せ特化ゾーンです。
ART中に獣玉を5個獲得すると突入となります。

ビーストアタックには、以下の4種類のタイプが存在します。

・ダチョウアタック
・ゴリラアタック
・ライオンアタック
・覚醒ラッシュ

覚醒は上乗せ性能が大幅にアップとなり、パチスロ獣王王者の覚醒を攻略する上で欠かせない要素です。

パチスロ獣王王者の覚醒 ダチョウアタック

ダチョウアタック
タイプ真倍倍タイプ
終了条件3回上乗せなし

パチスロ獣王王者の覚醒のダチョウアタックは、宝箱獲得で上乗せor倍率乗せとなります。
倍率乗せは2倍だけなく、3・4倍も存在します。

パチスロ獣王王者の覚醒 ゴリラアタック

ゴリラアタック
タイプSTタイプ
終了条件3G間上乗せなし

パチスロ獣王王者の覚醒のゴリラアタックはベル以上の上乗せ確定です。
リプレイ・ハズレ成立時もチャンスとなり、ここにパチスロ獣王王者の覚醒攻略の秘密が隠されています。
また、3G感に上乗せ発生で残りG数が回復となります。

パチスロ獣王王者の覚醒 ライオンアタック

ライオンアタック
タイプコンボタイプ
終了条件ベル3回成立
(覚醒中除く)

パチスロ獣王王者の覚醒のラストアタックはベル以外成立でコンボ継続となり、ベル成立で貯めたG数を放出となります。
リプレイ・ハズレ成立時もチャンスなのでパチスロ獣王王者の覚醒の攻略要素としては注目箇所になります。

パチスロ獣王王者の覚醒

覚醒ラッシュ
継続G数5G間×1セット

パチスロ獣王王者の覚醒の覚醒時は上乗せ性能が大幅にアップします。
覚醒中(5G間)は毎Gで上乗せが発生し、さらに継続する可能性もあるので、パチスロ獣王王者の覚醒の攻略要素としては注目箇所になります。

パチスロ獣王王者の覚醒 覚醒ラッシュ

覚醒ラッシュ
タイプ上乗せリンクタイプ
終了条件セット内で4回目のリプレイ
またはハズレで継続抽選

パチスロ獣王王者の覚醒の覚醒ラッシュは全ての動物が覚醒する究極特化ゾーンです。
覚醒ラッシュ中は継続ジャッジまで毎Gで上乗せし、セット内で上乗せしたG数がそのまま継続期待度になります。

パチスロ獣王 王者の覚醒も攻略されてしまうのか!?サミーのコピー打法のおはなし

それは2001年に、パチスロ獣王をはじめ、サミーの全機種で、レバーをゆっくり下ろすだけで、1ゲーム前の成立役が揃うという、業界に激震が走る攻略法がありました。

成立フラグがコピーできるので、その攻略法は、「コピー打法」と呼ばれました。

この攻略法は、コピーにより同じフラグを連続で成立させるこのができるので、ボーナスフラグをストックする機種の場合は、なんとなんとボーナスを上乗せしてしまいますし、リプレイ連チャンでATに入る機種の場合は、簡単にリプレイの連チャンをさせることができてします強烈な攻略法でした。

この攻略法の原因は、ハードウェアの初歩的な設計ミスより簡単に前のフラグをコピーしてしまう攻略法でした。

レバーの信号を、CPUとカウンターは電気的な特性が違うものを使っていたのにも関わらず、CPUと乱数用のカウンターに直結させてた設計ミスによる攻略法です。

そもそも、パチスロの仕組みは、

@ レバーを叩いた時(ON)に、信号がCPUと乱数カウンターに到着します。
A 乱数カウンターは、信号が入った瞬間の値(乱数)をレジスタ(ラッチ回路)に出力します。
B CPUは、信号が入るとレジスタ(ラッチ回路)に保持された乱数を読み出してフラグの抽選を行います。
C その後CPUがリールをスタートさせます。

通常の場合は、CPUが乱数を読み取るまでに若干のタイムラグがあるので、信号が同時に入った場合でも、乱数カウンターから乱数が出力された後に、CPUが乱数を取得してリールをスタートさせるので問題は発生しません。

ここで、レバーをゆっくり下ろした場合、乱数カウンターには信号が届かず(実際には信号が遅くなる)、CPUのみに信号が届くことになってしまったのが攻略法の原因です。

乱数カウンターに信号が届いていないので、乱数の値が更新されず、1ゲーム前の値をCPUが乱数として読み取ってしまい、1ゲーム前のフラグがコピーできるようになりました。

また、レバーのスイッチは「フォトカプラ」という部品が使用されています。

この部品は、LEDがついていて光る発光部と、光を受ける受光部があり、受光部にLEDの光があたると、スイッチがオンになり、光が遮られ光が受光部にあたらないとオフになるようになっています。

自動ドアやバスのドアなどで、人が立っていると光が遮られてドアが閉まらないというの同じ仕組みです。

パチスロの場合は、この発行部と受光部の間にレバーが配置されています。

レバーを触らない状態では光が遮られており、スイッチがオフの状態になっています。
レバーを倒すと、遮っているものがなくなり、受光部に光が届くようになってスイッチがオンになります。

ちなみに、フォトカプラというのは原理的にはアナログ的な部品なのです。

光が当たる量に応じて、出力される電圧(電流)が増えていきます。

上記のように、レバーを倒す量に応じて、フォトカプラに出力する電圧が増えて約5ボルトになりオンとなっていきます。
レバーを倒している途中では、0ボルトから徐々に上がるので、ほんの僅かでしかないのですがオンに切り替わるのが遅れてしまいます。

また、電子回路では、オン(High)とオフ(Low)は電圧で決定され、部品の種類によってこの電圧が異なります。
一部の部品は、2.7ボルト以上でオン(High)となり、あるものは3.5ボルト以上でオン(High)となったりするのです。

サミーの台に使われていた部品では、CPUがオンとなる電圧よりも、乱数用のカウンターがオンとなる電圧が高くなりました。

これが原因で、レバーをゆっくり倒すと、乱数用カウンターがONになる前に、CPUがONとなってしまって。
CPUだけがONで、乱数カウンターはOFFのまま、新しい乱数に書き換えていないという状態でリールをスタートさせてしまったという事ができてしまい、フラグコピーという未曾有の攻略法が産声を上げるようになりました。

部品により電圧が異なることは頻繁にあり、通常では、電圧が異なる場合は信号レベルを調整し同時に信号が入るような回路を追加する措置を行います。

この措置には数円〜数十円の部品を追加するだけで解決します。

ところが、サミーの技術者は、この部品の追加をせずに直結してしまったために、この攻略法が生み出されてしまいました。

サミーの設計者が意図的だったのかそうでなかったのかは定かではありません。

なお、CPUがONになってからカウンターがONになるまでのレバーの距離や時間はとても小さいので、人間の手では、ジャストで止めることはまず不可能ですし、乱数用カウンターをONにするのを遅らせるだけで、OFFのまま止めておくことも不可能です。
その為に、2回以上続けてフラグをコピーすることはほぼできませんでした。

ちなみに、このコピー打法の攻略法で約60億円の損害が発生しました。

パチスロ獣王 王者の覚醒にもコピー打法のような攻略法があるのか楽しみです。

関連リンク

新着コラム

お知らせ

ホルコンに疑似的電気信号を発信して爆発台へと導く究極打法

今やパチンコ・パチスロは完全にホルコンの出玉制御の時代。当然、一般攻略法が通用しづらい。なぜならばホルコン内の主制御部で出玉のロックシステムが作動するからだ。そんな状況を打破する究極の攻略法がベールを脱ぐ…

ホール選び、台選びをもう間違わない!あたり探知機

あたり探知機は、出玉の傾向・推移、イベントなどの信頼性、パチスロの設定ごとの特徴、ホールコンピューターの設定のクセ等といった、『パチンコ店の設定』を見抜いて、これからの爆発台を見つける事が出来ます。