桜花狂乱中の演出|新鬼武者 再臨 攻略サイト

新鬼武者 再臨 攻略サイト トップ

  1. トップ
  2. 桜花狂乱中の演出

桜花狂乱中の演出

桜花狂乱中の演出中は以下の演出に注目しよう。「醍醐の花見」、「島左近バトル」、「桜花狂乱中の演出チャレンジ」について詳しく解説していくぞ。

醍醐の花見

醍醐の花見の基本

醍醐の花見 画像継続ゲーム数:13〜17G(平均15.3G)
桜花狂乱チャレンジ対応の前兆ステージ
島左近登場影演出 リール停止ごとに影に近づき…島左近登場で島左近バトルへ(誰もいなければ醍醐の花見継続)
島左近登場扉演出 全リール停止後に扉を開け…島左近がいれば島左近バトルへ(誰もいなければ醍醐の花見継続)

醍醐の花見は桜花狂乱チャレンジの前兆ステージとなっており、15G程度継続する。醍醐の花見移行後は必ず島左近とのバトルに発展するが、バトル発展までに発生する演出で勝利期待度が変化する。

醍醐の花見中の主な期待度示唆演出

【1】炎の色 炎の色が変化すれば期待度アップ炎の色は5段階 虹なら桜花狂乱チャレンジ確定スタート時は「炎ナシ」で第3停止まで継続すれば「昇段」
炎の色は炎ナシ・青・黄・赤・虹の5段階が存在する。分割シャッター演出でキャラが3人集まれば昇段の文字と共に炎の色が変化する。赤に変化すれば激アツとなり、虹なら島左近バトル勝利確定だ。ただし、桜花狂乱が確定するわけではないので注意。

【2】妖星の大きさ 妖星が大きいほど期待度アップ
レバーON時に視点が上空へと移り、第1停止時に表示される妖星の大きさで期待度が変化する。妖星の大きさは大・中・小あり、大が頻発すれば島左近とのバトルを制する可能性が高い。

島左近バトル

島左近バトルの基本

島左近バトル 画像継続ゲーム数:3G
桜花狂乱チャレンジ告知の役割をもつ重要演出
いずれかの攻撃 基本的には1G目と2G目は異なるキャラが攻撃鍔迫り合い 3G目は味方キャラが押し切れば勝利(=桜花狂乱チャレンジ確定)

島左近バトルは3G継続し、1・2G目は各々異なるキャラが攻撃を仕掛け、3G目の鍔迫り合いを制すれば桜花狂乱チャレンジ確定となる。尚、島左近バトルの味方キャラはステージ(ATの連チャン数)によって異なり、どのキャラでも期待度に差はない。

島左近バトル中の演出

弱強

島左近の攻撃パターンは強・弱の2パターンで、敗北時は強パターンが選択されやすいため、島左近が「焼きつくす」というセリフとともに攻撃を繰り出した場合はピンチとなる。

鍔迫り合い

鍔迫り合い時にPUSHボタン連打が表示されれば期待度大幅アップ。表示なしでも勝利する可能性は当然あるが、連打ありなら、それまでの展開は不問で勝利する可能性が高くなる。

復活もあり

復活

島左近バトルで敗北した場合も逆転チャンスが発生すれば、復活勝利となる。バトル内容が期待薄の場合も諦めないようにしよう。

桜花狂乱チャレンジ

桜花狂乱チャレンジの基本

桜花狂乱チャレンジ 画像継続ゲーム数:1G固定
期待を込めてPUSHボタンを連打しよう
PUSHボタン連打で「桜花狂乱」の文字が1つずつ点灯全点灯で…桜花狂乱確定

桜花狂乱チャレンジは1G完結の演出で、PUSHボタンを連打して桜花狂乱の文字が点灯すれば桜花狂乱確定となる。尚、桜花狂乱チャレンジ期待度は50%となっている。

桜花狂乱チャレンジ注目ポイント

【1】PUSHボタンの色基本は白ボタンPUSHボタンの色別期待度の表 赤なら高確率で桜花狂乱へ
PUSHボタンの色は白・赤の2パターンあり、赤なら90%で桜花狂乱へ繋がる。白でも約26%の割合で桜花狂乱へ突入する。しかし、赤PUSHの期待度が高い分、白だと期待度が下がってしまう。

【2】PUSH回数 一文字目16回のパターンに期待PUSH回数別期待度の表 基本は一文字目あたり8回

PUSH回数別に桜花狂乱チャレンジクリア期待度が異なり、一文字目から16回のパターンは選択されにくいためアツい。尚、その他のパターンに大きな差は無い。

新鬼武者 再臨 攻略