サイト内検索

パチスロ機種

HEY!エリートサラリーマン鏡 パチスロ機種

メーカー
大都技研
導入日
2022年12月05日
HEY!エリートサラリーマン鏡
設定 初当たり合算 出玉率
L
1 1/273.1 97.6%
2 1/263.5 98.9%
4 1/229.8 104.5%
5 1/200.6 110.6%
6 1/189.6 114.9%

大都技研のスマスロ第1弾として、「HEY!エリートサラリーマン鏡」が登場。

ゲーム数管理型AT「American Dream」をメインに出玉を増やしていくゲーム性で、通常時→ボーナス→ATという番長シリーズ王道のゲームフローでAT突入を目指す。

通常時は、王道のゲーム数&レア役の両方でボーナスを抽選し、ゲーム数での抽選は滞在しているモードによってアツいゲーム数(いわゆるゾーン)が変化するおなじみのゲーム性を採用。
加えて、通常時のトランクからは自力CZ「Love Force One」に移行する可能性があり、こちらからのボーナス当選にも期待が持てる。

ボーナスは、純増約2.7枚/G・40G or 60G or 80G or 100Gという性能の疑似ボーナスで、消化中はレア役&USA図柄で7揃いを抽選。7が揃えばAT突入となる。

AT「American Dream」は、純増約2.7枚/G・初期ゲーム数50G+αという性能で、消化中はゲーム数上乗せやディスク獲得抽選を行う。ディスクを獲得した状態でATの残りゲーム数がなくなった場合は、「DISC JUDGEMENT」で報酬を告知。その報酬は、AT1セット上乗せやゲーム数上乗せ特化ゾーン、期待枚数約2300枚の本機最強ボーナス「超PRESIDENT BONUS」など様々。

上乗せ特化ゾーンの「KEISHIRO DANCE」は、押し順ベルやリプレイなど、とりあえず何でもいいので小役を引ければOK!といったゲーム性で、小役の引きがカギを握る仕様となっている。

このほか、期待枚数約2500枚を誇る本機最強の上乗せ特化ゾーン「絶頂DREAM」や、上乗せ性能が超大幅アップする「エクスタシーモード(期待枚数約3500枚)」といった、強烈な出玉トリガーが複数搭載されている。

ゲーム性

通常時はゲーム数消化やレア役でボーナス当選を目指し(トランク契機のCZも存在)、ボーナスを契機にATに突入させるのが基本的な流れ。

ATはゲーム数管理型で、消化中はゲーム数上乗せやディスク獲得抽選を行う。ディスクを獲得した状態でATの残りゲーム数がなくなった場合は、ディスクジャッジメントで報酬を告知。その報酬は、AT1セット上乗せ・ゲーム数上乗せ特化ゾーン「ケイスロウダンス」、期待枚数約2300枚の本機最強ボーナス「超PRESIDENT BONUS」と複数存在する。

そのなかでもメインとなる上乗せ特化ゾーンがケイスロウダンスで、こちらは押し順ベルやリプレイなど、とりあえず何でもいいので引ければ上乗せ&ケイシロウダンス継続という、プレイヤーの引きが展開を左右するゲーム性となっている。

基本仕様
項目内容
機種タイプ疑似ボーナス+AT
AT性能純増約2.7枚/G
50枚あたりのゲーム数約34G

通常時の流れ

通常時はゲーム数消化はレア役でボーナスを抽選。トランク成立時はCZ当選のチャンスとなる。

ステージ

ステージ特徴
ウェスタンステージ基本ステージ
リゾートステージ基本ステージ
ウェスタンステージ サンセットゾーンと高確滞在を示唆
リゾートステージ トワイライト超高確を示唆。前兆中に移行すると期待度アップ
ニューヨークステージ超高確or本前兆が確定
ウェスタンステージ サンセット(ゾーンと高確滞在を示唆)

ウェスタンステージ サンセット(ゾーンと高確滞在を示唆)

 

リゾートステージ トワイライト(超高確を示唆。前兆中に移行すると期待度アップ)

リゾートステージ トワイライト(超高確を示唆。前兆中に移行すると期待度アップ)

ニューヨークステージ(超高確or本前兆が確定)

ニューヨークステージ(超高確or本前兆が確定)

エリートミッション

  • 3種類のミッションが存在
  • ミッション成功でラブフォースワンへ

エリートミッション1

エリートミッション2

エリートミッション3

ラブフォースワン

ラブフォースワン

  • ボーナス当選のCZ
  • トランクを契機に突入
  • 10G+α継続
  • 消化中はレア役とUSA図柄でボーナスを抽選
  • USA図柄は止まった個数に応じて期待度が変化(1個停止<2個停止<USA図柄揃い)

鏡ジョブタイム

鏡ジョブタイム

  • 前兆ステージ
  • 規定ゲーム数消化やレア役を契機に突入
  • フロアアップや敵がリタイアするほど本前兆期待度アップ